単行本

ペイント:ぬり絵・絵手紙

透明水彩絵の具と墨で描く モダン絵てがみ
透明水彩絵の具と墨で描く モダン絵てがみ
立ち読みする
価格:1,404円(本体価格1,300円)
手づくりタウンで購入する
商品番号 0A10070265
著者 村西恵津
サイズ 257×210
ページ数 84
ISBN 978-4-529-05393-8
発売日 2014-11-15
出版社 日本ヴォーグ社

友達に教える

商品説明

通常の絵てがみは「顔彩」という特殊な絵の具を使用するが、今回は「透明水彩絵の具」という多くの人にとって身近な絵の具と「墨」を使った、新しい絵てがみスタイルを提案。道具を揃えるのが億劫ではじめられなかった方も、気軽にできる一冊とする。3~4つの技法で掲載の絵てがみが描けるようにする。身近なモチーフから旅の思い出の表現方法まで、魅力的なモチーフをたくさんの作品例とともに写真つきで解説。絵てがみファンから人気の年賀状や暑中お見舞いの作品例も多数紹介する。

著者紹介

桑沢デザイン研究所リビングデザイン専攻卒業後、デザイン会社にてグラフィックデザインのアートディレクター職を経て独立。1998年ポルトガル万国博覧会の日本館の壁面原画の製作、江戸扇子の老舗の扇面デザインなどを担当。手描き扇子は独特のタッチで描かれ、大手百貨店などでの実演も多数。現在も幅広くイラストやデザインを手がけ、女性誌、旅行情報誌、企業PR誌などでイラストレーターとして活動中。また1990年より個展を度々開催し、二人展やグループ展への参加も多数。2013年春より、朝日カルチャー千葉にて水彩イラスト講座講師を担当。末永蒼生主宰の色彩学校第一期生。デザイナーグループMADAMADAMのメンバー。

エディターズレビュー

一般的な絵てがみは「顔彩」という特殊な絵の具を使用しますが、今回は「透明水彩絵の具」という多くの人にとって身近な絵の具と「墨」を使った、新しい絵てがみスタイルを提案しました。道具を揃えるのが億劫ではじめられなかった方も、気軽にはじめられるよう、基本からしっかりとご紹介しています。主に4つの技法で掲載の絵てがみが描けることが最大の特長です。身近なアイテムから旅の思い出の表現方法まで、魅力的な題材をたくさんの作品例と共に、描き方の写真つきで解説しています。また、絵てがみファンから根強い人気の年賀状や暑中見舞いのはがきの作品例も多数紹介しており、様々な要素の詰まった、内容の充実した一冊です。

関連商品

一覧に戻る